FishingGPS

iPhoneアプリ https://appsto.re/jp/Mjll2.i

機能

釣行および釣果をGPSデータと共に記録し、再生するiPhoneアプリです。

あなたの釣行の移動軌跡をGPSデータを利用し記録をします。

移動軌跡を地図上でピンが動き再生します。
また軌跡記録中に撮影した写真を、軌跡再生時に表示します。

 

船釣り、投げ釣り、サーフのRun&Gun、渓流釣りなどの釣果記録にいかがでしょう。特に船釣りでは、広い海原で船がどのように動いて、どこで釣りをしいつどこで釣れたかを把握することができます。もちろん釣行後でも。船の向き(方位)も記録し再生時に確認できます。

街歩き、ワンちゃんの散歩、ドライブなど移動記録などにも使用できます。

 

釣りや旅の思い出再生にいかがでしょう。

 

特徴

  • 釣行の移動軌跡をGPSを利用し記録します。
  • 移動した軌跡を地図上で再生ができます。
  • 船の向き(方位)を記録し、軌跡再生時に確認できます。
  • 軌跡記録中に撮影した写真を、軌跡再生中に表示します。
  • Apple Watchから記録開始/停止/釣果入力ができます。
  • いつどこで釣れたか釣果を記録できます。
  • 釣果記録をSNS投稿できます。投稿用の画像も作成できます。
  • 目的地を登録し、ナビゲーションができます。
  • GPS記録地図上に、過去の釣行GPSログの重ね描きができます。

使用方法


メイン画面です。

  • [記録開始]ボタンより移動軌跡取得を行います。
    • ボタンを押すことで、GPS取得を開始するとともにGPS取得画面(地図画面)に移動します。
  • [釣行履歴]ボタンより釣行過去リスト画面に移行します。
    • GPS取得中でも、過去の釣行記録を見ることができます。
  • 左下のアイコン[設定]ボタンで、設定画面へ移ります。
  • 右下のアイコン[インフォメーション]ボタンで、インフォメーション画面へ移ります。
  • GPS取得中は、[記録開始]のボタンの横に[GPS受信中]の文字が表示されます。

軌跡取得画面です。

  • 左上[メニュー]ボタンでメイン画面に戻れます。メイン画面に戻っても釣行軌跡取得は止まりません。
    メイン画面から設定画面やインフォメーション画面に移動することができます。また過去釣果記録の確認も可能です。
  • 軌跡取得を止める場合は右上[X]ボタンから行います。
  • 左下のアイコンは[釣果入力]ボタンです。釣った魚の写真、情報を入力することができます。
  • 中央下のアイコンはiPhoneのカメラ機能を呼び出せます。ここから起動して撮影した写真は、iPhoneのカメラロールに残ります。FishingGPSのアプリ内には残りません。
  • 右下のアイコンは[軌跡データのリスト表示]のボタンです。リスト表示画面に移動します。

釣行結果の画面です。

過去釣行リストの画面からリストを選択して移行できます。

  • 止まって釣りをした区域をブルー、移動をエメラルドグリーンで表示しています。
  • 左下[釣果記録地点]ボタンを押すことで、釣果を記録した地点をピンで表示します。ピンをタップする事で詳細確認/修正の画面へ移行できます。
  • 右下[釣り開始地点]ボタンでは、釣り開始位置にピンを立てます。地図に引いた線で移動のエメラルドグリーンから釣りのブルーに変わる地点になります。ピンをタップすることで、釣果詳細画面へ移行できます。
  • 中央下[リスト表示]ボタンで、GPSデータのリスト表示画面に移行できます。
  • 写真は、過去釣果リストから移行した直後の画面では表示されません。
  • 釣行軌跡取得中に撮影した写真があれば、上のバーの[再生]ボタンを押すことで、その地点で表示します。
  • 写真はタップで拡大表示できます。ピンチ操作でさらに拡大または縮小ができます。また自由に配置できます。

釣行結果の画面です。

  • GPSデータはピンチ操作により拡大ができます。上の画面でピンが立っている地点の拡大例です。
  • ピンをタップすることで、時間を表示させることができます。

釣行軌跡再生の画面です。

  • 軌跡取得中に撮影した写真が、再生地点で表示されます。
  • 写真の数が多く画面に収まらない場合は、横スクロールで表示します。
  • 写真は、iPhone内のカメラロールからになります。
  • 写真は非表示にすることもできます。[設定]画面で写真を表示しないにしてください。
  • 写真はタップで拡大できます。ピンチ操作でさらに拡大または縮小ができます。
  • 軌跡の再生時間は、等倍速から1000倍速に設定できます。上のバーよりスライダーアイコンをタップして再生速度設定のスライダーを表示させ、設定してください。左の画面はスライダーが表示された状態になります。表示したスライダーはバーアイコンを再びタップすることで非表示にできます。

SNS投稿用のシェア画面です。

釣行結果の画面より右上の[シェア]ボタンにより移行します。

  • 並べる写真は選択ができます。画面下のボタンより編集画面(右の画面では表示済み)を出して写真の選択をします。
  • 写真選択画面で削除した写真は、表示を止めるだけで、アプリ内やカメラロールからは削除されません。
  • 写真をタップすることで拡大表示ができ、ピンチ操作で拡大、縮小ができます。また好きな場所に配置できます。
  • 写真は、FishingGPSのアプリ内に保存したもの、iPhoneのカメラロールからのものの二つから選択できます。編集画面で選択します。

釣果入力の画面です。

  • 写真アイコンからカメラが立ち上がります。撮影後、<写真を使用>でアプリ内とiPhoneの写真データ内にそれぞれ保存されます。ゴミ箱アイコンで、アプリ内から写真を削除できますが、iPhoneの写真データからは削除されません。そのため、アルバムアイコンから再び撮影した写真を選択することができます。

 

設定画面です。 各種の設定を行います。 

  • 目的地ナビゲーション設定
    目的地を設定することで、設定した場所までナビゲーションします。ただし道順案内はなく直線のみの案内になります。
  • GPSオートストップ設定
    GPS開始時との距離と時間差の条件により自動的にGPS取得を止めることができます。
  • 写真表示設定
    GPSログ再生時の写真の表示を選択できます。表示させたくない場合は、この設定をオフにして使用してください。
  • 機能制限解除
    釣行データは2件のみの保存とさせていただいています。アプリ内課金をしていただくことで保存数の制限が解除されます。保存数はiPhoneの容量にも制限をされるためご注意願います。
    機能制限解除に期間の設定はありません。気に入っていただけましたら是非購入をお願いいたします。同時に広告も非表示となります。

    機能制限解除無しの場合、3件目以降のデータは保存できますが、古いデータから上書きをされます。

 

設定画面その2です。

上の画面と同画面でつながっています。スクロールします。

  • 移動速度設定
    ここで設定した速度で、移動かまたは移動ではなく釣りをしているかを区別します。
    区別した結果は、軌跡を色分けで表示します。
    時速はデフォルトでは3.8km/hに設定しています。
    釣りのやり方や船の場合は潮の流れなどを考慮して決める必要があります。
    サーフの釣りや船釣りでも大体デフォルトの値で区分けができています。
  • 入力用ピッカー
    釣種と魚種を入力するピッカーは、アプリ内で用意していますが、オリジナルのピッカーを作成することができます。設定及び作成はこの画面から作成できます。

釣行結果のリスト表示画面です。

上の地図画面またはメイン画面から移る事ができます。

  • 釣り時間と移動時間を2種類のセルで色分けし表示します。
  • 魚マークがあるセルは釣果があった区間です。>のあるセルは詳細画面へ移行できます。一番上の日付の入っているセルからは、釣種、メモ画面へ移行します。
  • [釣り時間]ボタンで、釣り時間の比率でセルの高さを変え表示します。釣り時間の長さをビジュアルに確認する事が出来ます。
  • [移動時間]ボタンでは、同様に移動時間の比率でリスト表示を行います。
  • [移動距離]ボタンでは、移動距離の比率でリスト表示を行います。

釣り区間の詳細画面です。

  • GPSで取得した位置(経度と緯度)と時間を表示し、記録した釣果があれば、その下に表示します。
  • ここで魚種ではなく魚マークが表示されているセルがあれば、それは、そのGPS取得時に釣果記録ボタンを押していて、具体的な釣果を記録していないデータになります。この画面からセルをタップする事で、入力画面へ移行する事ができます。

釣果情報の画面です。

釣行結果のリスト表示の画面の一番上のセルのタップで、この画面に進む事ができます。

  • 釣種とメモはこの画面で入力する事ができます。
  • 釣果結果は、他の画面で入力したものが、時間順にソートし表示されます。

改版履歴

Rev.5.6.1情報 2022.3.8

 - プログラムコードの見直しをしました。機能の変更はありません。

 

Rev.5.6.0情報 2022.2.25

 - Apple Watchの画面構成を変更しました。

         - 釣果入力を別画面へ移動

         - 現在地表示ができるよう地図画面を追加

 - 地図上の座標軌跡線の表示色を変更しました。

    (サテライト地図表示にした際に見にくくなっていたため)

    - アイコンの一部を見直しました。

 

Rev.5.5.1情報 2022.1.25

 - プログラムコードの見直しをしました。機能の変更はありません。

 

Rev.5.5.0情報 2021.12.1

 - 釣行タイトルを入力できるようにしました。

 - 地図の種類(航空写真など)を増やしました。

 

Rev.5.4.0情報 2021.10.17

 - 目的地(経度・緯度)の入力機能を追加しました。 

 

Rev.5.3.0情報 2021.5.17

 - Apple Watchから釣果入力ができるようになりました。

 

Rev.5.2.1情報 2020.11.9

 - 過去ログ重ね描き選択画面で、選択ボタンの色を見やすく変更しました。

  

Rev.5.2.0情報 2020.10.18

 - 地図上に過去ログの重ね描き機能を追加しました。

 

Rev.5.1.4情報 2020.10.14

 - 詳細地図画面で距離が0となってしまうバグを修正しました。

 

Rev.5.1.3情報 2020.9.11

 - 記録開始ボタンで、場合によりアプリが落ちてしまう不具合を修正しました。

 

Rev.5.1.2情報 2020.8.31

 - 詳細地図が表示されない不具合を修正しました。

 

Rev.5.1.0情報 2020.6.1

 - アイコンの見直しを致しました。

 

Rev.5.0.0情報 2020.3.1

 -  Apple Watch対応をしました。

  Apple WatchからGPSデータの記録開始/停止ができるようになりました。

 

 Rev.3.10.1情報 2019.10.16

 - トップ画面での表示のずれを修正しました。

  なぜかiOS13.1.3で表示上のバグが顕在化

 

 Rev.3.10.0情報 2019.10.14

 - GPS取得中の自動描画をRedrawボタンをつけて手動に変更しました。

  GPS取得中に地図を縮小して全体を見たい場合に、自動描画が邪魔して使いづらかったので。

 - 履歴の画面にインフォメーションのボタンをつけて、コピー、マージ、編集ができることを説明。

  知らない人がいましたので。

 

 Rev.3.9.0情報 2019.9.9

 - 二つのデータをマージする機能を追加しました。

  マージできるデータは、マージ元のデータに対して時間的に一つ後ろのデータのみとしています。

 - GPSストップ時のアクションを変更しました。

  rev.3.8.3以前の方法、一旦アラートを出してStopする/しないを選択する方法に戻しました。

 

 Rev.3.8.4情報 2019.6.27

 - 釣行履歴画面において、ある条件下で画面が固まるバグを修正しました。

 

 Rev.3.8.3情報 2019.4.20

 - GPSストップ時のアクションを変更しました。

 

Rev.3.8.2情報 2018.12.28

 - iPhoneXR対応をしました。

 

Rev.3.8.1情報 2018.11.16

 - GPSログ再生時のバグを修正しました。

 

Rev.3.8.0情報 2018.9.25

 - GPSログの編集機能を追加しました。

 

Rev.3.7.0情報 2018.7.3

 - GPSログ再生時に船の向きを表示する機能を追加しました。

 

Rev.3.6.0情報 2017.7.17

 - GPSログのログ取得画面にカメラボタンを配置しました。

 

Rev.3.5.0情報 2017.5.30

 - GPSログの再生中にGPS取得時に撮影した写真を表示するようにしました。

写真の表示/非表示は設定画面より選択できます。

写真はGPSの再生中に写真を取得した地点を通過したタイミングで、表示します。

SNS共有画面でも同様の写真が表示でき、SNSへ投稿することができます。

 

Rev.3.4.0情報 2017.1.5

 - 位置情報の取得方法を常に使用からアプリ使用中のみに変更。

これまでと基本的には動作は変わらないはずです。

 - SNS共有画面の機能変更(写真のサイズ変更を可能に)

SNS共有画面で写真の拡大ができるようにしました。

共有画面を正方形にしました。

 

Rev.3.3.0情報 2016.10.18

 - GPSログの再生機能を追加しました。

 

Rev.3.2.1情報 2016.5.8

 - GPS取得時の安定性を改善しました。

 

 Rev.3.2.0情報 2016.2.17

 - 釣果記録を過去に遡っても設定できるようにしました。

 - 記録開始時の位置取得精度を改善しました。

 

Rev.3.1.0情報 2016.1.26

    - バッテリー切れの際のデータ保存機能

以前のバージョンでは、釣行記録中にバッテリー切れが起こった場合、データ保存ができない仕様でしたが、変更し修正をしました。

 

Rev.3.0.3情報 2015.12.12

 - 釣行中に釣果入力できない不具合の修正。
 - 魚種入力Pickerを標準からオリジナルに変更した場合に起きる不具合の修正。

 

Rev.3.0.2情報 2015.11.17

 - iOS9におけるバックグラウンド動作の対応

前バージョンでは、iOS9においてバックグラウンド動作ができない状況となっていました。ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんでした。スリープも含めバックグラウンド中のGPS受信ができず、その間の軌跡が飛んでしまっていました。現在のバージョンでは修正をしております。

 

 Rev.3.0.1 2015.11.10

 - GPS未受信時のバグの修正

 

Rev.3.0.0 2015.10.24

 - シェア機能の追加

FBやTwitter,LINEなどへ釣行記録のシェアができます。

 - ユーザーインターフェースの見直し

 

Rev.2.2.1  2015/10/15

   - iOS9対応をしました。

 

Rev.2.2.0  2015/1/31

   - GPSのオートストップ機能を追加しました。

 - リストのオートスクロール機能を追加しました。

   - 総移動距離を表示するようにしました。

 

Rev.2.1.2   2014/12/7

   - 住所情報が取得できない場合に生じる不具合を修正しました。

   Wifiやセルラー電波が使えない場合に、Start後に設定画面に移動して

   戻る際に不具合が発生していました。

   - 購入画面の不具合を修正しました。

 

Rev.2.1.1   2014/12/1

   - 太字や大文字を使用した際の画面のずれを修正

 

Rev.2.1.0   2014/11/22

   - カメラ機能の追加。

   - 制限解除なしの場合の釣果データの保存数を、1回から2回に変更

 

Rev.2.0.0 2014/11/2

 - 過去釣行場所への目的地ナビを追加。

   過去の釣行データのリストより地点を表示し「目的地に設定」ボタンで

   設定して下さい。合わせて設定画面より、「目的地ナビを行う」をオン

   にして下さい。

 - 釣果入力画面の「後から入力」ボタンを廃止し保存ボタンに統合。

 - 南緯領域と西経領域における地図描画の不具合を修正。

 

Rev.1.1.0   2014/10/23

 - 対応OSにiOS7.1を追加。

 - 位置情報の取得方法を「常に許可」に変更。

 - GPS受信開始時に、離れた場所を表示する現象を改善。

 - Stopボタンを押した際のアクションを変更。

 - 釣果入力テキストフィールドの初期状態をブランクに変更。

 - 地図画面において釣果ピンを立てる位置を、釣り開始地点から釣果地点に変更。

 

Rev.1.0.0 2014/10/01

 初版

 

搭載検討中機能

  • データのクラウド保存化、他のデバイスと釣行データ共有。
  • GPS記録中にApple Watchで地図を表示する。 →現在地を表示できるようになりました。ただし、座標の履歴(iPhone画面のようなGPS取得した座標のトレース表示)はまだです。検討中。
  • 地図画面における過去釣果記録場所のピン表示 →過去の釣果記録を重ね書きできます。
  • ナビの目的地を、数値入力や地図からの入力。現在は過去釣果記録からのみ。→搭載完了
  • GPSの取得結果の編集 →搭載完了
    Stopボタンを押し忘れたときに不要なデータの削除
    位置情報データの分割、統合など。
  • バッテリーの低消費電力化。
  • 過去の釣行データ群への横断的な釣果分析(この付近では、過去、何を釣っているのかなど)
  • 入力できる釣果情報の充実 
  • Androidへの移植